limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説!

自己処理の脱毛トラブルつらいですよね。原因と対策について説明します!

ムダ毛に関する悩み 自己処理の脱毛の悩み

【女性のヒゲの自己処理はNG】女性のヒゲってどうしたらいいの?自己処理すると色素沈着を起こして太く濃くなってしまうの?

更新日:

女性でも鼻下やあごなどに濃い毛が生えてヒゲのように見えることがあります。

ヒゲが生えているとちょっと恥ずかしいですよね。みんなはどうしているのでしょうか。

ヒゲの濃さ、量にもよりますが多少なら自己流でも処理できます。

しかし、ひげがまわりの女性より結構濃い、男性の方に近いなら一度脱毛サロンでプロに相談したほうがいいです。

中途半端に処理した結果色素沈着を起こし濃くなってしまうことがあります。

ヒゲの原因

女性でもヒゲが生えるのは、男性ホルモンが関係をしています。

実は男性ホルモンは女性も分泌をしているのですがその量は男性よりも少ないです。

ところが、偏った食事、ストレス、睡眠不足などが原因で、男性ホルモンの分泌量が過剰になることがあります。その結果、女性でもヒゲが生えてしまうのです。

また生えたヒゲを自己流で処理し続けるとより濃くなってしまうことがあります。これは処理することで毛穴が開いてきたり、ダメージを受けた毛がより太くなったりするからです。

中途半端に自己流を続けると一時的には薄く見えても将来的にかえって悪くなることがあります。

では、みんなはどうしているのでしょうか。

毛抜き

毛抜きでもヒゲの処理ができますが、毛抜きをしている方はあまりいないようです。

女性のヒゲは男性と違い細く薄いので、ピンセットを使って処理をするのは難しいです。また、毛抜きをすると毛穴から雑菌が侵入して炎症を起こしたり、毛根周辺の血管が傷ついて出血をして、ぶつぶつができることがあります。

さらに毛抜きでの処理を長年続けてしまうと皮膚が色素沈着を起こすことも。ヒゲを全部抜いても色素沈着した部分がヒゲのように見えるようになってしまった人もいます。

そのため、おすすめできない方法です。

カミソリ

もっとも手軽で費用を抑えてヒゲの処理ができる方法が、カミソリやシェーバーでの処理です。

顔の皮膚は薄くデリケートなので、カミソリやシェーバーで処理をするときには注意をしてください。

剃る前には、必ずローションやクリームを塗って肌を保護します。そして、毛の流れに沿って剃ります。終わったらクリームなどを拭き取り、肌を保護するために再度ローションやクリームを塗ります。

頻繁に行うと肌の負担が増えて色素沈着の原因となるので、1か月に1,2回程度までにすることが望ましいです。

抑毛ローション

抑毛ローションを使用し続けると、ムダ毛が細く薄くなり目立ちにくくなります。毛が細いほど変化が期待できます。

抑毛ローションに配合される代表的な成分は、女性ホルモン様作用がある大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンの働きで毛が目立ちにくくなると考えられます。

大豆イソフラボンは保湿作用もあるので、肌がしっとりすることも期待できます。

抑毛ローションは使い続けることで変化を実感できます。使ってすぐに変化がなくても、あきらめずに使用してみましょう。

家庭用脱毛機の使用

カミソリやシェーバーよりも安全に処理できる方法が、家庭用の光脱毛機の使用です。

光脱毛とは、メラニンに反応をする光をムダ毛に照射して、光のダメージで脱毛を促す方法です。光を照射するとメラニンに反応をして、毛が光の熱エネルギーを吸収します。熱によってタンパク質が変性して、自然と抜け落ちるようになります。

カミソリの場合は角質を削り取ってしまうのですが、光脱毛は角質を削り取ることがないので、カミソリに比べると肌の負担が少ないです。

使用方法は製品の説明書で確認をしてください。正しく使えば安全に脱毛をできます。

光脱毛機は全身に使用できるので、ヒゲのお手入れに使用するだけでなく、ワキや腕など全身の脱毛に使っている方が多いようです。

プロに任せる

脱毛サロンや医療機関でプロに任せてヒゲのお手入れをする方もいます。

脱毛サロンでは主に光脱毛を受けることができます。仕組みは家庭用の光脱毛機と同じです。アフターケアが充実している点が、自宅で家庭用脱毛機を使用することと違います。

医療機関では医療レーザー脱毛を受けることができます。

医療レーザー脱毛は永久脱毛です。永久脱毛とは脱毛が終了して1か月後の毛の再生率が20%以下の脱毛方法のことをいいます。脱毛が終了したら、ヒゲで悩むことがなくなります。

しかし、効果が高いため痛みも強いです。針で突き刺されるような痛みと表現する方もいます。しかし、医療機関では麻酔を使用して痛みを抑えることができるので、心配なら医師や看護師に相談をしてください。

本気でひげをなくしたいなら

女性のひげの濃さは人によって違います。中には産毛程度でなく一般の男性と同程度の太くてしっかりしたひげが沢山生えてします人もいます。

もしそうなったら「脱毛サロン」でプロに処理してもらうことをオススメします。なぜなら中途半端に処理をするとよりヒゲが濃くなってしまうからです。

足とか手ならまだ多少濃くなっても見えにくいし、隠せますがヒゲの部分は絶対に相手の視界に入ってしまいます。自己流でやり続けた結果一度濃くなってしまうと脱毛サロンでの処理もできなくなってしまうこともあります。

部位を絞って脱毛すれば安く済ませることもできるので一度脱毛サロンでプロに相談をおすすめします。

オススメの脱毛サロンは?

銀座カラー

銀座カラー

銀座カラーの1番のメリットは、業界最安値の全身脱毛プランです。総額197,650円(税抜き)で月額6,800円(税抜き)なので通いやすいです。

全身脱毛なら間違いなく銀座カラーの「スペシャルキャンペーン」が1番です。

全身22箇所を満足できるまで脱毛し放題&今ならヒジ下無料体験も受けられます

オススメ度!   
  1. 他の脱毛サロンの1/3、全身脱毛が60分で完了
  2. 1回の施術が短い、なので予約が取りやすい
  3. 脱毛し放題で契約期間後のアフターフォローも受けられる

ミュゼ

ミュゼ

特定の部分だけ脱毛するならミュゼが圧倒的に安いです。全身22箇所から好きな3箇所を選んで580円は衝撃です。

例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下だけ脱毛する、ということが出来ます。

ただ3箇所以上になると別のコースに申し込む必要があります。例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下を脱毛したら両ヒジ上、両ヒザ下は残り、残った部位も気になってしまうんですよね。

脱毛の箇所が多いなら最初から銀座カラーの全身脱毛の方が安くなることも。ただ「ワキだけなんとかしたい!」ならミュゼが1番です。

オススメ度!   
  1. 全身22箇所から好きな3箇所を選んでたったの580円!
  2. 両ワキとVラインは通い放題
  3. 全国に店舗があるので地方の人も通いやすい

-ムダ毛に関する悩み, 自己処理の脱毛の悩み

Copyright© limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.