limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説!

自己処理の脱毛トラブルつらいですよね。原因と対策について説明します!

ムダ毛に関する悩み 自己処理の脱毛の悩み

【VIOや背中の脱毛は脱毛サロンで】ムダ毛の自己処理できる部位と自宅では出来ない部位

更新日:


ムダ毛の自己処理は、費用が安く手軽な方法です。

しかし、自己処理がムダ毛を処理が難しい、そもそもできない部位があります。無理に自己処理をしようとすると肌を傷つけてしまいます。

では、どの部位は自己処理できて、どの部位は自己処理できないのでしょうか。

自己処理できる部位

自己処理できる部位は、自分の手が届く場所、自分で見える場所です。

ワキ、脚、腕、指、ひざ、ひじなどは自己処理できます。

ノースリーブや水着を着たときに目立つワキは、頻繁にお手入れをしている方がいるのではないでしょうか。ワキは自分でみることができるので、安全に自己処理ができます。

脚も人目につきやすい部位です。ミニスカートやショートパンツを履くならムダ毛処理をしておきたい部位です。

腕のムダ毛を自己処理するときには注意が必要です。利き手とは反対の腕をカミソリで自己処理するときには、肌を傷つけないように気をつけましょう。

指やひじも、利き手とは反対を自己処理するときには気をつけてください。

利き手とは反対の手でカミソリを使ってムダ毛処理をするのが難しいなら、除毛クリームを使用するとよいでしょう。クリームを塗るのなら、利き手とは反対でもそれほど難しくはありません。

ひざはムダ毛処理を忘れがちな部位です。しかし、ミニスカートなどを履いたときには、意外と人目につきます。おしゃれを楽しむならムダ毛処理をしておきたい部位です。

自己処理に注意が必要な部位

自己処理できるけれど、ムダ毛処理をするときには注意しなければならない部位もあります。

顔、背中、Vライン、お腹、うなじは注意が必要な部位です。

鏡を見ながらなら顔のムダ毛処理ができます。しかし、顔の皮膚は薄くデリケートなので、ムダ毛処理をすると肌トラブルを起こすことがあります。乾燥肌や敏感肌の方は、自己処理をして肌が赤くなったり、乾燥がひどくなることがあります。

背中は自分で見ることができないので、カミソリで自己処理をするのは危険です。無理に自己処理をすると肌を傷つける恐れがあります。

除毛クリームや抑毛クリームなら、背中も比較的安全にムダ毛処理できます。ムダ毛処理を頼めるような人がいるなら、誰かにやってもらうとよいでしょう。

Vラインはデリケートなので自己処理に注意が必要です。自己処理をするときには、肌を傷つけないように気をつけてください。また、デリケートな部位なので除毛クリームなど薬剤の使用はおすすめできません。

お腹は自分で見ることができますが、お腹の皮膚は柔らかく傷つきやすいので、自己処理には注意が必要です。お腹のムダ毛処理を頻繁に行っていると、色素沈着を起こすことがあります。

うなじは自分で見ることができないので、自己処理が難しい部位です。鏡を見ながら自己処理をすることはできますが、首には太い血管が通っているので、万が一肌を傷つけたら危険です。できれば自己処理はしない方がよい部位です。

自己処理できない部位

自己処理できない部位は、OラインとIラインです。

Oラインとは、肛門の周りのこと、いわゆるお尻の奥のことをいいます。Oラインは自分で見ることが難しく、手が届きにくいので、自己処理ができません。粘膜の近くなので、無理に自己処理をすると傷つける恐れがあります。

Iラインとは、陰部の両サイドのことです。Iラインは非常にデリケートなので、自己処理は危険です。見えにくく手が届きにくいので、自己処理ができません。

OラインやIラインを脱毛すると、デリケートゾーンを清潔に保つことができ、ニオイやかぶれなどのトラブルを予防できます。

OラインやIラインのムダ毛処理は自分で行わず、脱毛サロンや医療機関で脱毛をしてもらいましょう。

オススメの脱毛サロンは?

銀座カラー

銀座カラー

銀座カラーの1番のメリットは、業界最安値の全身脱毛プランです。総額197,650円(税抜き)で月額6,800円(税抜き)なので通いやすいです。

全身脱毛なら間違いなく銀座カラーの「スペシャルキャンペーン」が1番です。

全身22箇所を満足できるまで脱毛し放題&今ならヒジ下無料体験も受けられます

オススメ度!   
  1. 他の脱毛サロンの1/3、全身脱毛が60分で完了
  2. 1回の施術が短い、なので予約が取りやすい
  3. 脱毛し放題で契約期間後のアフターフォローも受けられる

ミュゼ

ミュゼ

特定の部分だけ脱毛するならミュゼが圧倒的に安いです。全身22箇所から好きな3箇所を選んで580円は衝撃です。

例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下だけ脱毛する、ということが出来ます。

ただ3箇所以上になると別のコースに申し込む必要があります。例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下を脱毛したら両ヒジ上、両ヒザ下は残り、残った部位も気になってしまうんですよね。

脱毛の箇所が多いなら最初から銀座カラーの全身脱毛の方が安くなることも。ただ「ワキだけなんとかしたい!」ならミュゼが1番です。

オススメ度!   
  1. 全身22箇所から好きな3箇所を選んでたったの580円!
  2. 両ワキとVラインは通い放題
  3. 全国に店舗があるので地方の人も通いやすい

-ムダ毛に関する悩み, 自己処理の脱毛の悩み

Copyright© limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.