limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説!

自己処理の脱毛トラブルつらいですよね。原因と対策について説明します!

ムダ毛に関する悩み 自己処理の脱毛の悩み

【女性なのに剛毛、毛が濃い】処理しきれないほど毛深いのはどうしたら?ムダ毛処理の方法

更新日:


毛が濃かったり太かったりすると、ムダ毛の自己処理が大変ですよね。

自己処理をしてもすぐに生えてきてしまったり、黒くぽつぽつができることも。

では、どうしたらきれいにムダ毛の処理ができるのでしょうか。

おすすめできない方法

おすすめできない方法は、カミソリや毛抜きでの処理です。毛が太く濃い状態の方がカミソリで処理をすると、黒くぽつぽつが目立つことがあります。

それだけでなく、カミソリは肌を傷つける方法です。肌を保護しているバリア機能を低下させるので、肌の乾燥が進行をして、乾燥を放置していると、色素沈着を起こしたり毛穴が目立つようになります。

毛抜きも危険です。毛抜きをすると毛根周辺の血管を傷つけて、出血をしてぶつぶつができることがあります。また、毛穴から雑菌が侵入して炎症を起こす心配もあります。

除毛クリーム

比較的低価格で処理できる方法が除毛クリームです。剛毛でもごっそりといった商品もあります。

太く濃い毛をきれいに処理するにはポイントがあります。

まずはムダ毛処理をする部位を清潔にしましょう。そして、水分をよく拭き取ります。水分が残っていると除毛クリームの働きが弱くなってしまいます。

除毛クリームを塗る量がポイントで、毛が隠れるくらい塗ってください。適切な量は製品に記載されているので、使用方法をよく読みましょう。

ムダ毛処理したい部位全体に塗ったら、しばらく放置をします。放置時間は製品によって違うので確認をしてください。一般的には5~10分間放置をします。長く放置をしているほどしっかりと処理をしてくれます。

5~10分経ったらクリームを拭き取って洗い流します。

除毛クリームはタンパク質を溶かす薬剤を使用していて、毛のタンパク質だけでなく肌のタンパク質にも薬剤の影響があります。

ムダ毛処理後は薬剤の影響で肌が弱くなっているので、保湿をして肌を保護しましょう。ムダ毛処理の力が高いものほど肌への影響が心配されるので、保湿をしっかりとすることが大切です。

家庭用光脱毛器

毛深くてもつるつるになる効果が期待できるものが家庭用光脱毛器です。

家庭用光脱毛器は、毛のメラニンに反応する光を使用して脱毛をします。光を当てると毛のメラニンに光が反応をして、毛が熱を吸収します。熱のダメージで自然と抜け落ちるようになります。

光脱毛は毛の色が濃く太いほど力を発揮をして、顔や背中などの産毛には作用しにくい性質があります。つまり、毛深い人でも変化が期待できるのです。

家庭用光脱毛器の中には美顔器として使用できるものもあります。ムダ毛処理をして、美顔器としても使えば、つるつるな美肌に近づくことが期待できます。

医療脱毛

もっとも効果が期待できるものが医療脱毛です。

医療脱毛は出力が強いレーザーを使用するので、医療機関でしか受けることができません。つまり、それだけ効果が期待できるということです。

医療レーザー脱毛は、毛根やバルジ領域にレーザーの熱ダメージを与えて脱毛を促す方法です。光脱毛に比べて出力が高いので、高い脱毛効果があります。

部位にもよりますが、施術回数は5~6回ほどです。永久脱毛なので、脱毛後はつるつるが続きます。

さまざまなレーザー脱毛器があり、人それぞれの肌質や毛質に合わせてレーザー脱毛器を選んでくれる医療機関もあります。このような医療機関だと、より高い効果が期待できます。

出力が高い脱毛器を使用すると、肌が炎症を起こすリスクがあります。そして、出力が高いので痛みが強いです。しかし、医療機関なら麻酔で痛みを抑えることができ、肌トラブルが起こってもすぐに処置ができます。肌が弱い方は医師に相談をしてから脱毛をするとよいでしょう。

オススメの脱毛サロンは?

銀座カラー

銀座カラー

銀座カラーの1番のメリットは、業界最安値の全身脱毛プランです。総額197,650円(税抜き)で月額6,800円(税抜き)なので通いやすいです。

全身脱毛なら間違いなく銀座カラーの「スペシャルキャンペーン」が1番です。

全身22箇所を満足できるまで脱毛し放題&今ならヒジ下無料体験も受けられます

オススメ度!   
  1. 他の脱毛サロンの1/3、全身脱毛が60分で完了
  2. 1回の施術が短い、なので予約が取りやすい
  3. 脱毛し放題で契約期間後のアフターフォローも受けられる

ミュゼ

ミュゼ

特定の部分だけ脱毛するならミュゼが圧倒的に安いです。全身22箇所から好きな3箇所を選んで580円は衝撃です。

例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下だけ脱毛する、ということが出来ます。

ただ3箇所以上になると別のコースに申し込む必要があります。例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下を脱毛したら両ヒジ上、両ヒザ下は残り、残った部位も気になってしまうんですよね。

脱毛の箇所が多いなら最初から銀座カラーの全身脱毛の方が安くなることも。ただ「ワキだけなんとかしたい!」ならミュゼが1番です。

オススメ度!   
  1. 全身22箇所から好きな3箇所を選んでたったの580円!
  2. 両ワキとVラインは通い放題
  3. 全国に店舗があるので地方の人も通いやすい

-ムダ毛に関する悩み, 自己処理の脱毛の悩み

Copyright© limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.