limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説!

自己処理の脱毛トラブルつらいですよね。原因と対策について説明します!

脱毛グッズ 自己処理の脱毛の悩み

【上手く剃るコツ】電気シェーバーを脱毛に使うメリット・デメリット。女性のムダ毛の処理にも使える?

更新日:


「電気シェーバーを使ってみたい!」

カミソリのように手軽に使えるのに、肌への刺激も少ない電気シェーバー。

女性用の電気シェーバーは手軽にムダ毛を剃ることができますが、扱いや特徴を理解していないことにはきれいに剃ることはできません。

メリット・デメリットを理解した上で上手に使ってみたいですね。

電気シェーバーのメリット・デメリットは?

電気シェーバーのメリット

女性用の電気シェーバーはレディースシェーバーとも呼ばれています。ムダ毛を自立させてそこを刃が通過することで剃ることができます。

刃が直接肌に触れない設計ですので、カミソリで剃る時のように必要以上に角質をそぎ落とす心配がありません。

VIOラインは肌がデリケートなのでカミソリを使うと肌荒れが起きやすいですし、脱毛クリームでは薬剤を使うため不安もあります。電気シェーバーなら処理の難しいVIOラインでも使用できます。

自己処理で傷を作る心配もカミソリより少ないため、年頃になってムダ毛が気になり始めた10代の女の子にも扱いやすいですね。

一番のメリットはカミソリよりも安全で肌へのダメージを抑えて自己処理ができる点にあります。

確かにカミソリを購入することを思えば安くはないのですが、2~3千円で有名なメーカーの電気シェーバーはたくさん販売されています。1つあれば全身の自己処理ができますので、それ程コスパが悪いということもありません。

脱毛サロンに通っていると、自己処理は電気シェーバーで行うことをオススメされます。本体もコンパクトですし、電池式で防水仕様なら浴室で手軽に剃ることができます。

電気シェーバーのデメリット

電気シェーバーのデメリットは、カミソリと比べると深剃りができない分自己処理の仕上がりがあまりキレイではないことです。

肌表面のムダ毛を剃るだけですので、カミソリよりもこまめに剃らないことにはすぐにムダ毛が気になってしまいます。

また安全だからと雑な使い方をしていると、電気シェーバーでも肌トラブルを起こす可能性はゼロではありません。

特にキレイに剃れないからと何度もシェーバーを肌の上で動かせば、少しずつ肌への負担も掛かってしまいます。

電気シェーバーはカミソリより複雑な形状をしている分、使用後の洗浄も少し手間です。中には刃がついていますので、直接手で触れない

ようにして扱わないといけません。使っていけば切れ味も悪くなりますので、本体を購入して終りではなく時々替え刃の購入も必要になります。

そして電気シェーバーで意外と気になるのが動作音です。静音設計になっていても電動で剃るため、浴室などで利用すると音が響いてしまいます。

家族に知られるのが恥ずかしいという人は、使うタイミングも気にする必要がありますね。

電気シェーバーでキレイに剃るためのコツは?

電気シェーバーは上手に使うことが出来れば、カミソリよりも優れた自己処理方法です。

慣れるまではうまく剃れないのですが、丁寧な処理を心がけてください。一度で剃れなかった場合にも、何度も剃りなおすことは止めておきます。

何も塗らなくても使える設計ではありますが、シェービングジェルなどを塗ってから剃るとキレイに剃ることができます。使っても良い機種かあらかじめ確認しておきましょう。

肌に対して垂直に優しく押し当ててゆっくりと動かしていかなくてはいけません。ついついキレイにそりたくて逆剃りもしたくなりますが、基本は毛の流れに添ってシェービングします。

平らな部位はそのままゆっくり動かせばいいのですが、カーブしていたり皮膚がたるんでいる部分はもう片方の手で皮膚をまっすぐにしてください。

また毛が長い部位は毛がからんで皮膚を引っ張って傷つける可能性があります。最初にある程度まで短くカットしておきましょう。

いくら肌に優しいからといっても、アフターケアは忘れてはいけません。

部位によってはクールダウン、保湿もしっかりして肌トラブルを避けるようにしたいですね。

オススメの脱毛サロンは?

銀座カラー

銀座カラー

銀座カラーの1番のメリットは、業界最安値の全身脱毛プランです。総額197,650円(税抜き)で月額6,800円(税抜き)なので通いやすいです。

全身脱毛なら間違いなく銀座カラーの「スペシャルキャンペーン」が1番です。

全身22箇所を満足できるまで脱毛し放題&今ならヒジ下無料体験も受けられます

オススメ度!   
  1. 他の脱毛サロンの1/3、全身脱毛が60分で完了
  2. 1回の施術が短い、なので予約が取りやすい
  3. 脱毛し放題で契約期間後のアフターフォローも受けられる

ミュゼ

ミュゼ

特定の部分だけ脱毛するならミュゼが圧倒的に安いです。全身22箇所から好きな3箇所を選んで580円は衝撃です。

例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下だけ脱毛する、ということが出来ます。

ただ3箇所以上になると別のコースに申し込む必要があります。例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下を脱毛したら両ヒジ上、両ヒザ下は残り、残った部位も気になってしまうんですよね。

脱毛の箇所が多いなら最初から銀座カラーの全身脱毛の方が安くなることも。ただ「ワキだけなんとかしたい!」ならミュゼが1番です。

オススメ度!   
  1. 全身22箇所から好きな3箇所を選んでたったの580円!
  2. 両ワキとVラインは通い放題
  3. 全国に店舗があるので地方の人も通いやすい

-脱毛グッズ, 自己処理の脱毛の悩み

Copyright© limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.