limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説!

自己処理の脱毛トラブルつらいですよね。原因と対策について説明します!

脱毛グッズ

【ケノン以外にもたくさんある】家庭用脱毛器の種類と仕組み。おすすめの選び方は?

投稿日:


「脱毛器は色々あります!」

脱毛をする前にまず知っておいて欲しいことがあります。

それは一言で脱毛といっても、その特徴と効果が異なるということです。

脱毛をする前には、どの脱毛器がいいのか特徴を知っておくと間違いがありませんね。

色々ある脱毛器の特徴は?

レーザー脱毛器

効果の期待できる脱毛器が、レーザー脱毛器です。レーザーの光は毛の黒い色を生成するメラニン色素に反応します。そのため、毛を育てるもととなる毛乳頭にダメージを与えることができます。

レーザー脱毛は毛根を破壊するという医療行為ですので、クリニックの医師が施術を行っています。

家庭用のレーザー脱毛器もありますが、こちらは医療用よりも出力が低く安全性も高くなっています。

効果は高いのですがその分、痛みが強いのがデメリットです。肌が弱い人だとレーザーで照射したあとに炎症や痒みが出ることもあります。

光脱毛器(フラッシュ式脱毛器、IPL脱毛器)

レーザー脱毛器の次に効果が高いのが、光脱毛器です。レーザーと同じように、毛の黒い色素に反応することで脱毛することができます。

レーザー脱毛器よりも出力が低いため効果が現れるまで時間がかかるのですが、痛みが少ないので痛みに弱い人や肌がデリケートな人に選ばれています。

レーザー脱毛器の場合、光の力を一箇所に集めて照射するため1回の照射できる範囲が狭いです。全身脱毛の場合には時間が掛かりますが、光脱毛器なら一度に照射できる範囲も広いため、広範囲の脱毛に向いています。

火傷のような肌トラブルもレーザー脱毛器よりも少ないため、肌のことを考えて選ぶならレーザー脱毛よりも光脱毛です。ただ産毛のような細かいムダ毛には光脱毛器よりもレーザー脱毛器のほうが効果が高いです。

サーミコン脱毛器

熱で脱毛をするのがサーミコン脱毛器です。ペン型など小型な脱毛器で値段も安価です。

その仕組みは、脱毛器から発熱して熱くなった熱線が、ムダ毛に触れることで焼き切るというものです。

つまり厳密に言うと脱毛器ではなく除毛器ということになりますが、熱が毛根まで伝わるため生える周期を遅くする効果もあります。

カミソリで剃る場合には断面が尖ってチクチクするものですが、サーミコン脱毛器は熱で焼き切ることで毛先が丸く処理されますのでチクチクしません。

ただ処理をする時にムダ毛を焼き切ると嫌な臭いがしますし、熱線が肌に当たれば火傷のトラブルもあります。

皮膚が平らな部分では良いのですが、複雑にカーブしているVIOラインなどは火傷もしやすくあまり向いていません。

バルジ式脱毛器

通常の脱毛器の場合、毛周期に合わせて脱毛することで成長期のムダ毛に効果が現れます。

その中でもバルジ式脱毛器というのは、毛周期とは関係なく脱毛ケアができる脱毛器です。

発毛因子を作り出す幹細胞のバルジに熱ダメージを加えることで、毛の再生を抑制します。

レーザー脱毛器や光脱毛器の場合、毛根まで熱が届きますが、バルジ式脱毛器は毛根よりも浅い部分にあるバルジ領域を狙います。ですからその分、弱い光で十分に脱毛することができて肌への刺激も少なく、痛みも少ないとメリットが多いです。

毛周期とは関係なく処理できるため、その分早く効果も現れることに期待ができます。

クリニックでもまだバルジ式脱毛器はあまり普及していませんし、家庭用脱毛器の中ではダントツで高額な脱毛器です。

超音波脱毛器、高周波脱毛器

ピンセットタイプの脱毛器が高周波脱毛器です。一見ただの毛抜きのようですが、ピンセットでムダ毛を挟んだ状態で、高周波を流し毛根の周りの組織を破壊する脱毛器です。痛みや抵抗がなくなった状態になってから、毛を抜くだけです。抜く時の痛みも少なく、繰り返すうちに痛みも減っていきます。

高周波脱毛器はムダ毛1本1本を処理するため、肌のコンディションとは関係なく脱毛することができます。サロンやクリニックでは断られる日焼け肌、黒ずみ、乾燥肌なども可能です。

またレーザー脱毛や光脱毛では難しい目の周辺、かなり粘膜に近い部分のVIOライン、色素の薄いムダ毛などのお手入れに適しています。金額も1万円以下と比較的安価で入手できます

一番のデメリットは、ムダ毛の処理が1本ずつのため時間がかかることです。また効果が現れるまで光脱毛やレーザー脱毛と比べても時間がかかるようですね。ピンセットで挟んだまま数秒待つ必要がありますので、根気良くお手入れできる人に向いています。

自分の肌とムダ毛に合った脱毛器を

家庭用脱毛器は、様々なタイプのものが販売されています。

ムダ毛の悩みがなくなることも重要ですが、自分の肌やムダ毛に合った脱毛器なのかどうかも忘れてはいけません。

また家庭用脱毛器の場合、自分で処理をするわけですから、使い勝手の良さも大切です。

きれいに脱毛するためには肌とムダ毛の状態、自分の性格に合った脱毛器を選んでみましょう。

オススメの脱毛サロンは?

銀座カラー

銀座カラー

銀座カラーの1番のメリットは、業界最安値の全身脱毛プランです。総額197,650円(税抜き)で月額6,800円(税抜き)なので通いやすいです。

全身脱毛なら間違いなく銀座カラーの「スペシャルキャンペーン」が1番です。

全身22箇所を満足できるまで脱毛し放題&今ならヒジ下無料体験も受けられます

オススメ度!   
  1. 他の脱毛サロンの1/3、全身脱毛が60分で完了
  2. 1回の施術が短い、なので予約が取りやすい
  3. 脱毛し放題で契約期間後のアフターフォローも受けられる

ミュゼ

ミュゼ

特定の部分だけ脱毛するならミュゼが圧倒的に安いです。全身22箇所から好きな3箇所を選んで580円は衝撃です。

例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下だけ脱毛する、ということが出来ます。

ただ3箇所以上になると別のコースに申し込む必要があります。例えば両ワキ、両ヒジ下、両ヒザ下を脱毛したら両ヒジ上、両ヒザ下は残り、残った部位も気になってしまうんですよね。

脱毛の箇所が多いなら最初から銀座カラーの全身脱毛の方が安くなることも。ただ「ワキだけなんとかしたい!」ならミュゼが1番です。

オススメ度!   
  1. 全身22箇所から好きな3箇所を選んでたったの580円!
  2. 両ワキとVラインは通い放題
  3. 全国に店舗があるので地方の人も通いやすい

-脱毛グッズ

Copyright© limo-ムダ毛の自己処理のトラブルとオススメの脱毛サロンを解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.